お電話でのお問合せはこちらまで

047-352-0805

千葉県浦安市今川1-4-45 新浦安から徒歩10分  MAP

診療対象動物 -うさぎ-

Practice target animal -Rabbit-

歯科・口腔治療

ウサギの歯は犬・猫とは異なり、門歯(前歯)、臼歯(奥歯)いずれも生涯伸び続けるため、トラブルも多く日頃からのチェックが欠かせません。 症状としては、主に不正咬合、歯根膜炎、根尖膿瘍などが代表的で、その他ケージを咬むことによる歯根部の損傷や歯牙の破損も多く見られます。

伸びすぎた歯により口内を傷つけ、歯根部細菌感染の痛みから食べることができなくなることが原因で他の病気につながる場合もあります。予防法として、伸びすぎた歯を定期的に切ること、子ウサギの頃から乾草を十分に食べさせるなどがあります。

内科・整形外科
歯科疾患の他、犬・猫同様に様々な外科・内科疾患も多く、食事量、尿糞の形状、目やに、毛並み、耳垢などいつもと様子が異なる際はすぐにご来院ください。 骨折や脱臼、切傷などの外科も専門医が診察し、必要に応じて各種手術を行います。
定期健診も行っておりますので、ぜひご利用ください。