お電話でのお問合せはこちらまで

047-352-0805

千葉県浦安市今川1-4-45 新浦安から徒歩10分  MAP

診療対象動物 -ハムスター-

Practice target animal -Hamster-

ハムスターの飼主様へ

Of hamster to owners like

種類問わず、ハムスターは暑さ寒さに非常に弱く、一旦、熱中症・冬眠仮死に陥ると治療が手遅れになる場合も多いため、飼主様の室内温度管理が非常に重要になります。骨折や歯の破損も多いため、それらを予防できるケージ選びも重要です。
特にゴールデンハムスターよりも小さい種類は細部の診察・治療が難しく、何かしらの症状が出てから衰弱までが早い傾向にありますので日頃からこまめに様子を観察して飼育ください。

皮膚疾患

細菌やカビの感染、アレルギー、ダニの寄生による皮膚炎・脱毛、腫瘍なども多くみられます。また、免疫力が低下している場合は治療による回復が難しい場合もありますので、様子がおかしい場合は早めに受診ください。
ハムスターは皮膚疾患の多い動物ですので飼育環境は常に清潔に保ちましょう。

整形外科

飼育環境によって、回し車やケージの金網に手足が挟まる、金網ゲージからの落下など骨折するケースが多く見られます。テーピングなどで治療はある程度可能ですが、固体が小さく手術は難しい場合が多いため完治しない場合もあります。

歯科・口腔治療

げっ歯類のため、口腔内のトラブルも多く見られます。(過長歯・不正咬合・頬袋脱・頬袋損傷など)よくみられる不正咬合はケージを咬むことによる歯や歯根の損傷が原因です。

爪切り

ハムスターの爪は回し車をきちんとできていれば勝手に削られていきますが、伸びすぎた場合は切りましょう。