お電話でのお問合せはこちらまで

047-352-0805

千葉県浦安市今川1-4-45 新浦安から徒歩10分  MAP

診療対象動物 -犬-

Practice target animal -Dog-

ワンちゃんの飼主様へ

Of dogs to owners like

ワンちゃんの健康を維持するためには、基本的な予防・日ごろのケアが大事です。ワンちゃんとの楽しい生活を過ごすために、しっかりと知ってあげてください。

定期健診も行っておりますので、ぜひご利用ください。

まずはここから!日々の予防
ワンちゃんの健康管理のためには、日々の予防が大事です。まずは、下記の4つの予防をやりましょう。

フィラリア症予防

春になり温かくなってくると、蚊が出てきます。フィラリア症は蚊が媒介して起こる病気ですが、しっかり予防できる病気でもあります。フィラリア予防には血液検査でフィラリアに感染していないことを確かめてから、フィラリア予防を始めていきます。また、当院ではフィラリアの検査の際に同時に行える健康診断をお勧めしております。一度の採血で行えますので痛い想いを減らすために是非お考え下さい。

ノミダニ予防

ワンちゃんにノミ・ダニが寄生すると皮膚炎を始めとする様々な病気をを引き起こします。また、ワンちゃんに付いたノミダニは飼主様も刺すことで、人獣共通感染症を引き起こします。「今ついていないから」ではなくて、ノミダニが付く前に「付かないように」してあげてください。

ワクチン接種

当院では数種類の病気を予防できるワクチンをお勧めしています。お外で飼われていたり、お散歩が好きなワンちゃんは感染する病気の数も多くなります。しっかりと予防してあげてください。

狂犬病予防接種

犬だけでなく、ほぼ全ての哺乳動物が感染する病気です。狂犬病にかかった動物に噛まれることにより感染し、発症すると100%死にいたる恐ろしい伝染病です。ただし、ワクチン接種によって予防が可能です。これはヒト以外の哺乳動物でも同様であり、そのため日本では狂犬病予防法によって飼い犬の登録と生後90日を越えた飼い犬への年1回のワクチン接種が義務付けられています。狂犬病の予防注射は狂犬病蔓延を防ぐための飼主様の義務でもあります。

避妊・去勢手術
避妊・去勢手術には下記のようなメリット・デメリットがあります。ワンちゃんの一生に関わることですので、家族で良く話し合ってあげてください。当院では、飼主様に安心して手術を受けていただくために様々な取り組みを行っています。

メリット

  • 子宮卵巣疾患・乳腺腫瘍(メス)や前立腺疾患・ヘルニア・肛門周囲の腫瘍(オス)などの生殖器の病気を防ぐことが出来る
  • 望まない繁殖を防ぐ
  • マーキングや発情を防ぐ
  • 発情期の不用意なストレスを防ぐ

デメリット

  • 太りやすくなります。 肥満になると、心臓疾患、呼吸器疾患、関節疾患、泌尿器疾患、糖尿病などのリスクが高くなります。
  • 手術は全身麻酔下で行うため、麻痺が身体への負担になる場合があります。
こんなことにも気をつけて!

健康診断

当院では、年に1回~2回の健康診断をお勧めしています。尿・便検査などの簡単な内容から人間ドッグのような内容まで幅広く対応しています。病気の早期発見のために実施しましょう。

皮膚病

夏は皮膚病になりやすい時期でもあります。定期的にシャンプーなどを行うなど、ワンちゃんを清潔にしてあげてください。また、特に皮膚の弱い子は人間のお肌と同じように乾燥による皮膚のトラブルが出ることがあります。シャンプー後の保湿や、薬浴を行うことで改善します。皮膚の異常を少しでも感じたらひどくなる前にご相談ください。

歯のトラブル

自分で歯磨きができないワンちゃんには人間と同様に、お口の中のトラブルが多くあります。歯石や歯周病など、放っておくと歯がボロボロになったり、臭いの原因になりますので、日ごろのケアが重要です。

熱中症

夏は気温があがり熱中症が増えてきます。お散歩時の輻射熱や、室内の温度には十分気をつけてください。対策としては涼しい時間帯でのお散歩やこまめな給水、室内ではエアコンによる温度管理や窓を開けて風通しをよくすることなどがあります。特に、水のあげ忘れには気をつけてください。